お知らせ

2022.01.25

前回に引き続きまたまたエンジンより異音が・・・

皆さん こんにちは。

 

先日、当社のホームページを御覧いただいた方のご紹介でエンジンを始動させると異音がするので見て欲しいとのご依頼があり、早速お車を見てみたのですがその時は異音が発生せず、エンジンを完全に冷やした状態で確認する事となりそのままお預かりしました。

 

翌日、エンジンを始動させるとビックリするぐらい大きな音がしているではありませんか(;^_^A

 

 

もしかして

 

 

また続いてウォーターポンプ?

 

 

と思いましたがウォーターポンプ本体は大丈夫でファンベルトが異常に減っていたのが原因でした。

ファンベルトがひび割れていました
新しいファンベルトと古いファンベルト

このファンベルトで異音がしたり切れたりする最も典型的な原因は経年劣化や摩耗による寿命が挙げられますが、最近の車のパーツは耐久性が向上していますが走行距離が長くなるにつれてどうしてもいろんな所にガタがくるのは避けられません。

1つはオルタネータ(発電機)の故障が考えられ、このオルタネータに不具合が生じるとバッテリー上がりやヘッドライトの点灯が暗くなったりカーオーディオの不具合といった症状が発生したり、ファンベルトが酷く摩耗したり劣化してしまうとエンジンが掛かりにくくなってしまう症状が出てきたりしますし、もう1つはパワーステアリングが重くなる症状でハンドルが重くなったり、低速での操作が出来なくなったりすることがあります。

今回はファンベルトはもちろんファンベルトの張りを調整する部品にも不具合があり、お見積りをして金額をお伝えしたところ、ご了解をいただきましたので作業に取り掛かり全ての部品交換後、最初と同じようにエンジンを完全に冷やした状態で始動させると全く異音が消え静かになりました。

最悪の場合ベルトが切れてボロボロになります

今回のように定期的にファンベルトの交換がされていなかったのが原因で一般的に35,000㎞毎に交換することがおススメですが、運転の状況などによってベルトに関連する部品もしっかりと点検や交換をした方がいいというのが自動車整備業に長く携わってきた私の経験となりますのでアドバイスとしてお聞きいただけると幸いです。

車種により部品の価格・工賃が変わってきますし、お見積りは無料にてさせていただきますのでご不明な点などがございましたらサービスの西村までお気軽にご相談くださいませ!